やまよし犬猫病院 | 診療案内(フィラリア予防)

やまよし犬猫病院の住所:大阪府高石市取石3-8-30 やまよし犬猫病院の連絡先(電話):072-260-1139

診療時間 午前9:00~12:00/午後4:00~7:00 木曜日と祝日は休診、日曜日は午後からお休みです。

診療案内(フィラリア予防)

フィラリア(犬糸状虫)予防

心臓に寄生したフィラリア虫体
心臓に寄生したフィラリア虫体

フィラリア症ってどんな病気?

  • フィラリアは蚊によって媒介され、主に犬の心臓に寄生する寄生虫です。
  • 感染すると死にいたる事もある病気です。

フィラリア症の主な症状
フィラリア症の主な症状

どうやって感染するの?

蚊が、犬フィラリアが寄生した犬からフィラリアの幼虫を運んできます。
感染の仕方 感染した犬の血液には、小さな犬フィラリアの幼虫がいます。犬フィラリアに感染した犬から蚊が血を吸う時に、この幼虫を一緒に吸い込んでしまいます。
そのフィラリアの幼虫を持った蚊が正常犬の血を吸うことによって、身体の中に犬フィラリアの幼虫が入ってしまいます。

どうすればいいの?

フィラリア症は月一回の投薬で予防できます。 フィラリア症は月一回の投薬で予防することができます!!

犬フィラリア症の治療は、薬で駆除したり、手術で心臓から犬フィラリアを取り出さなければならない場合もあります。
いずれにしても危険や負担が伴いますので、そうなる前に予防することが大切なのです。

予防薬には角切りビーフのようなチュアブルタイプ錠剤、滴下型の3タイプがあります。
予防薬を投与する前には…
イメージカット 犬フィラリアが寄生していないことを確認する必要があります。
なぜなら、犬フィラリアが血液の中にたくさんいるのに予防薬を飲むとショック症状などの副作用が起こる場合があるからです。
予防期間
投薬期間の図 蚊が出始めた頃からいなくなった1ヶ月後までの投与が最低限必要です。

また、当院ではフィラリアの検査と一緒に検診をかねた血液検査をセットにしたコースもご用意しています。
さらに、予防薬を通年投与して頂いた方には翌年、フィラリアの検査を無料で実施させていただいています。